スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

病院に行った話① 4/11

その後、犬1・猫1の美容作業をなんとか2時間半で終らせることができた

ちょうどその頃には左手がいい感じに腫れて動かなくなっている
上手くできたものである。

さくっと道具を片づけると、左手に手袋を被せてお客が迎えにくるのを待つ
とても不自然な様相なのだが、咬んだ犬の飼い主に《おたくの犬に咬まれた》なんてバレたくない
何かとても恥ずかしい事のような気がしてしまうのです。


hospital01_04.jpg


咬まれ傷には不本意ながら慣れているので、このまま自然治癒させても良いのだが
この先数日のスケジュールを考えるとかなりタイトである、早く治すに越したことは無いだろう
時計を見るとまだ17:00前である。

というわけで、かかりつけの病院に向かって車を走らせる
ちなみにちゃんと人間の病院だ、あたしはあくまでもホモサピエンスである。

左手が逝ってる状態でMT車を運転するのはなかなか骨が折れるのだがそこは気合でカバー
何とか20分で病院にたどり着くのに成功した。




                       ― つづく ―

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。