スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

病院に行った話① 1/11

仕事で動物を扱っていると、怪我をすることもあります。

種族が違う物が接触するわけですから当然と言えば当然ですね、
めったに大きな怪我にはならないものですが、たま~に病院送りになる事も…

ではでは、病院に行った話①




「ガリッ」

嫌~な音が脳に響き、左手に衝撃と圧迫を感じる。
まぁ早い話、犬に咬まれたわけです

あたしの心は広くもなんともないので鉄アレイでもぶつけてやろうかと思うが
犬はまだ歯を剥いたままうなっている

こんな時は怒ったりして強く出てもあまり良い事になった記憶がない
空のペットボトルでポカリとやるだけで勘弁してやることにする。



hospital01_01a.jpg



左手から手首にかけて生温かい物を感じるので、取りあえずティシューとガムテープで止血をし
壁に掛けてあるリード紐を1本引っこ抜き、真ん中で輪っかを1つ作る

目でフェイントを一つ入れて素早く犬の吻に掛け
上で1回キュッ、下で1回キュッ、最後に耳の後ろでキュッと締め上げる

これで即席の口輪の出来上がりだ、しばらくはこれでなんとかなる
犬の攻撃オプションは所詮口だけなのである。


hospital01_01b.jpg




                       ― つづく ―

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。