スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

羊飼いになった話① 5/10

羊エリアに着くと芝生の丘陵に木造の雨避けが設けられており、何枠か丸太で柵が組まれている
そしてその周辺一帯にサフォーク種とコリデール種が混合で数十頭いるのが見える。

雨避けの下には低いステージがあり、スタッフがパタパタとショーの準備をしている。
当然ステージに近いかぶりつきに陣取り待っていると、ちらほらと他のお客さんも集まってきた

10数組も集まっただろうか?ステージに白人男性と助手らしい日本人女性が現れた
どうやら始まるらしい。

白人男性が自己紹介をする。

どうやら彼はニュージーランド人で来日して3年で独身(どーでもいい情報だ)らしいのだが
たどたどしい日本語と流暢な英語なので断片的にしか聞き取れない。

続けて、ニュージーランドでは人口よりも羊の方が多いと言われているが正しくはない
多いどころか12倍は羊がいる、と言って笑いを取っている。

そして、今日は3人の友達を紹介したいとおもむろにポケットに手を入れると笛を取り出し
「ピィーウィー」
と吹き鳴らす

すると丘の向こうから黒い塊が3つ現れてこちらに向かってスッ飛んで来た
黒い塊はステージに上がると等間隔で座って息を切らしている。

白人男性(名前を忘れたのでボブ(仮名)と呼ぶことにする)

ボブが犬の紹介をしてくれる

「コチガ○○~○○○…デース、○○ハ○デ○○~ダヨ」
アシスタントが少し訳してくれるが、わかるのは一部の単語だけである

どちらにせよ他人の犬の名は覚えられん、心の中で、白黒、ほぼ黒、真っ黒と勝手に名前を付ける。

見たところオーストラリアン・キャトル・ドックの雑種だろうか?
現地の実用犬はこんなタイプなのかもしれない。

まずはボブが犬笛を使って犬を動かして見せてくれる
よく動いてはいるのだが、犬が先走りしている、毎日同じことをしているせいもあるだろう
牧羊犬の系は総じてこういう傾向がある、頭が良過ぎるのだ。


hitsujikai05.jpg





                     ― つづく ―

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。