スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

羊飼いになった話① 3/10

ビーグルをつついたり引っ張ったりして遊んでいると、他の犬たちもわらわらと集まってきた
犬が集まってくるとお客の子供も集まってきて、あたしの周りがハーレムみたいになる

大人が一人、子供に混ざって遊んでいると、相方さんが

「お~い」
と半笑いでこちらを指さしている
後ろを振り返るとあたしの背中に向かって先ほどのビーグルがオシッコを引っかけようとしていた、

「おいっ」
と、上げた足を掴んでタマキンの裏に必殺の地獄突きをくれてやると、

「ぐふぅ」
と言って飛びのいて逃げるが、それでもこちらを向いてヘラヘラしている
やはり頭の中にはヒマワリがはいっているのかもしれない。


ふと頭を上げるとあることに気付く、大きい犬のエリアには一人もお客が入ってないのだ
それもそうだと思う

イベントとはいえども、ハスキー・レトリバー・セッター・ クラスの犬が放たれているのだ
入っていくには少し怖いかもしれない。

「あっちに入ってみよう」
相方さんを連れて(引きずって)大きい犬エリアに入ると
よほど退屈していたのか、レトリバー2匹が突撃してきた

彼らの諸手突きを受け止めると足を払って転がしてやる
(オメーらがそんなんだから怖がられんだよ)とチョークスリーパーを極めてやると
尻尾を振って喜んでいる…

でかいだけで中身はぬるい犬なのである。



hitsujikai03.jpg





                       ― つづく ―

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。