スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

若気の至りの話① 3/10

小一時間ほどで現場に到着する、ここからは時間が勝負だ

道路は歩行者天国になるから車は長く止められない
急いで動物達と機材をバスから降ろす

現場の配置が分かっているのは基本あたしだけなのだが、あたしの作ったものは、見れば内容が分かるらしい
みんな何も言わないでも予定通りに動物を配置してくれる、やはり鍛えられていてありがたい

1時間位で動物の配置を終え、ヒツジ・ヤギ・ウサギ… などと書かれたキャプションを張り付けてゆく
これは扱い始めたばかりのPCで当時IT難民だったあたしが電脳室(姉の家をそう呼んでいた)
で四苦八苦して作った物だ


市街地での大きなイベントなので、そうこうしているうちにお客が集まってきて
なだれ込むようにスタートする

最初のうちは配置を調整したり、給水器を設置したり何かと忙しいのだが
その内落ち着いてくる

普段なら動物を出してみせたり、生態をレクチャーしてみたりと
お客を寄せるアピールをしたりするのだが

今回はイベントが大き過ぎて何もしないでも人出が多い、いや多すぎると言ってもいい
何かしようにも出来る状態ではない

人出が多いのはあらかじめ分かっているので、ブース内の動線は広く作ってあるのだが
2時間もすると通路に立っているのは難しくなってきた

そこでヒツジの柵の中に脚立を持ち込んで上段に座り会場を見守る事にする
色々な状況は想定してあるのだ

しばらくするとバイトさんがやってきて

「あはは、あんたが展示物みたいだ」 と言って

[咬まれるから手を入れないで]と書かれたキャプを貼っていく

と、こんな感じで忙しくも平和に午前中は過ぎていった

wakage01_03.jpg




スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。