スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院に行った話① 2/11

咬んだ犬はレトリバー種。

(あんな大人しそうで賢そうな犬が咬むの?)と思うかもしれない
確かにぬるい犬なのだが、世の中に存在するすべての犬は咬むのである。

でも、ウチの犬は怒った事も無いし咬むとは思えないという人も多いだろう
だがそういう犬は咬むに至る沸点が非常に高いだけなのだ

これはグラフを作って説明したいところだが長くなるうえ文章では伝えるのが難しいので
またの機会にしたいと思う。

それにしても久しぶりに本気でやられたらしい、左手の感覚がまだ戻ってこない
応急処置のガムテを剥がして傷口を検分するとする。

hospital01_02b.jpg



親指の表と裏、指の付け根の手のひらに3つ穴が開いている、かなり深そうではある
表と裏の穴は同じような位置にあるので、

(貫通してるんじゃね?)と思い、窓から太陽にかざしてみるが見えるわけもない
我ながらバカな行動である。

取りあえず2~3分、水で洗い流しているとだんだん感覚が戻ってきた
感覚が戻るということは痛覚も戻ってくるので激しく変な顔になる。



hospital01_02a.jpg




                       ― つづく ―
プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。