スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若気の至りの話① 10/10

その後、イベントは滞りなく進み撤収作業に入った
この作業は見ていて面白いのか(動物を捕まえるので)けっこう見物人が残っている

あたしがワラビーを捕まえようと尻尾を狙っていると、後ろに人の気配を感じる
振り返るとそこには先ほどの年配ポリスと若ポリスが立っていた

「さっきはどうも…」
あいさつすると

「あの~実はね…」
と年配ポリスが話を切り出してくる

「あの後、ホコテンにウサギが出たって持ち込まれてね…」

「は?ノラウサギ?」
よく見ると、ポリスが持っている紙袋がガサガサ動いている

「それで、俺が暑に持って帰っても処分することになるから可哀想でね…」



wakage01_10a.jpg




なるほど…あたしに引き取ってほしいわけだ (ケッ) と思うが
彼にはケンカを止めてもらった恩がある、あのまま放置されてたら良くも悪くもろくな事にはならなかっただろう

「いいよ、あたしが連れて帰るよ、ネコもいなくなったからさ」
ポリスがホッとした顔をする

「助かるよ○○さん、ではまた」
彼らは帰っていった

しかしこの市街地でノラウサギとは如何なものか?妙な事もあるものだ
袋を覗くといわゆる雑種のミニウサギが鼻を揺らせている、♀っぽい顔つきである

このウサギは、その後数年あたしと共に仕事をすることになるのだが、それはまた後の話で


撤収作業もあらかた片付いて、バイトさんに全員分のリンゴ飴を買いに行ってもらう

「あんたはどうせ食べないからいらないでしょ?」
よく分かってらっしゃる、甘い物は苦手なのだ

「うん…」
と言いかけて

「…あ、今日はあたしの分も買ってきて」
と言い直す

「へぇ~珍しい…」
不思議そな表情を浮かべるが

「いいよ、おけーい」
といって駆けていく

殺伐な事があったからだろうか、何となく甘酸っぱい物が欲しい気分なのだ


だってリンゴ飴って気分を落ち着かせてくれそうじゃない?



wakage01_10b.jpg




                     若気の至りの話①
                      ― おわり ―

スポンサーサイト
プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。