スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の話① (中編)

当時のあたしにその状況は理解出来る訳もなく
(やばい!馬が逃げちゃう、馬が怪我しちゃう (><) )
で頭が真っ白になる

(とにかくケンカを止めないと!)と、もめてる2頭に割って入ろうとするが
300kgオーバーの獣が暴れてるのだから簡単に入れるわけもない
近寄ってオタオタしていると若い♂と目が合った
草食獣とはいえ本気になっている馬の目は怖い、白目がかって血走っているように見える

びびっていると突然♂馬がこっちに向き直る、あたしに対して邪魔者だとロックオンしたらしい
(ち、ちょ…待っ…)と思うが動けない
♂馬が2本足で立ち上がる、目の前で300kgが立ち上がると威圧感がハンパない
(おそらく全盛時の曙と対峙したらこんな感じではなかっただろうか?)


「ガガン!」
03_convert_20100330160216.jpg

次の瞬間、首から上がスッ飛んだような衝撃が走り、変な角度で倒れている自分がいる
どうやら前足でのワンツーパンチをもらったらしい
04_convert_20100330160319.jpg

体を起こそうと思うのだが景色が廻って起き上がれない(;><)
これ程の打撃は、ある人の廻し蹴り以来かもしれない…人間離れしたパワーだと思う
(いや、人間じゃないから当たり前なのだが…(;・ω・) )
だんだん感覚が戻ってくると口の中に鉄の味が広がり、耳の後ろに生暖かい物が流れるのを感じる


それまで、馬というものは優しく扱わないといけない、他人の生き物だから大事にしないといけない
と思っていた
だが、自分の血を見たことでそういう思いが飛んでしまったらしい
こんな台詞が頭に浮かぶ



「人間様を舐めるなよ 

 

                      ーつづくー 

                  次回 (後編) 4月上旬予定 
スポンサーサイト
プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。