スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱走の話① 6/6

ここから毎日
付いた猫砂を取る → 粘着をハサミで切り取る → 付いたウンコをカンシで取る → 小麦粉をまぶす → エサを流す

これを1日、3~5回 繰り返す

2週間もすると、動きも速くなって猫砂も付かなくなり、4週間もするとあれだけハゲハゲでボロボロだったのがほとんど元通りになった

途中トラブルといえば粘着を切りそこなって耳の端を切ってしまったくらいだ
生き物の回復力は凄いものだと思う


dassou06a.jpg


あたしの経験上、ネズミ捕りからのネズミの生還は初めてのケースである

耳の欠けたハムスターは、その後2年ちょい、あたしと一緒に仕事をしてくれて天寿をまっとうした
今でも、小麦粉を見ると彼を思い出して顔がニヤける


dassou06b.jpg


こんな経験でも役に立つもので、半年後…

「ハムスターがネズミ捕りに掛かったんです、どうすれば?…」

という電話が

「小麦粉はありますか?」

「は?」

「だから こ む ぎ こ です」


                        ー おわり ー

スポンサーサイト

脱走の話① 5/6

ハムの首根っこをつまんでペタペタと小麦粉をまぶしていく

ハムが小麦粉の中で揺れている、しかしどうもこの作業は良くない、どう見ても料理である
ペタペタしながら可笑しくて作業にならない、どうしても笑いがこみ上げてくる(ハムには悪いが)


dassou05a.jpg


全身粉まみれにすると少しはましらしく多少歩けるようになった、排泄も何とか出来るらしい
ほっとしてハムをプラケースに入れて、あたしは他の仕事に戻ることにする

30分後、様子を見に行くと、やはり床にくっついている
時間がたつと粘着がしみ出してくっついてしまうみたいだ

そこでツブの大きい猫砂(5mmくらい?)をプラケースに敷き詰めてみた
するとだんだん猫砂のツブがハムにくっついて岩のようになっていく、5分もすると別の生き物みたいになった


dassou05b.jpg


だが、今回は時間がたっても動けるらしい、いつまでもウロウロしている
そしてハムの手が粘着まみれで話にならないので、エサを砕いて生理食塩水とブドウ糖で混ぜて流動食を作り
注射ポンプで口から流してやる、粉まみれでも腹は減る、食べる気はマンマンらしい

やっとここでなんとかなりそうな気分になる



                       ーつづくー 

                     次回  1月中旬予定

脱走の話① 4/6

遊んでばかりもいられないので、本気で剥がす手段を考える ( いや、今までも本気だったのだが )

「切れる所は切るか」

ということになりハサミとカミソリを使って毛と粘着を削り少しずつ剥がしていく
これが意外に効果的でだんだんネズミ捕りからはがれてゆき10分程で全身を剥がすことに成功する

めでたしめでたしといきたいとこだが、実はここからが本番だ



まず、歩けるかどうか床に下ろしてみる
1歩、2歩、さん… ペタ… パタン… …



dassou04.jpg




全身粘着まみれだ、床に張り付いてしまう、さらにゴミが付く
そして本人がゴミみたいになる … どうしようもない

しばらく考えてみる
では粉を付ければひっつかないのではないだろうか、ドライシャンプー? 天花粉? … 小麦粉だ! 

ということで小麦粉を用意してもらう



                       ーつづくー 

                     次回  1月上旬予定

脱走の話① 3/6

原因は分かったとして問題はネズミ捕りに掛かったハムをどうするかである

まずは引っぱってみる → みよ~~んと皮が伸びる  
それならと、強く引っぱってみる → 顔の皮までみよ~~んと伸びて変な顔になる

笑ってる場合ではないのだが正直おかしい、ひとり朝の仕事場でむせる


dassou03.jpg


20分程いろいろやってみたのだが粘着が強くてどうにも取れそうにない
流石はネズミを捕る為の道具である(当たり前だが)

だんだんとハムがいたたまれなくなり(もうこのままなかった事にしてしまおうか…)と危険な考えが浮かんでくる

そうこうしていると師匠が現れ、簡単に事情を説明する
すると、やはりハムを引っぱる行為を一通り試しては

「おお! よく伸びるな」

と言っている、そして

「これは… なかった事にするか?」

と思考も同じである



 

                      ーつづくー 

                     次回  12月下旬予定

脱走の話① 2/6

ある朝、いつものように動物達を見て回る

犬(グループ1) → 猫 → 犬(グループ2) → カメ軍団 → キツネ、スカンク、フクロウ → 大型インコ → ミニブタ →etr… というように作業は進んでいくのだが、その日はインコの所でフリーズしてしまった

大型のインコは食べ残しが多く、しかも食い散らかす
故にネズミが出没しやすいので粘着性のネズミ捕りを仕掛けてあるんだが
そのネズミ捕りに黒い影を見つけたのだ


dassou02a.jpg



( あ、ネズミが掛かっている! )

と思ったのだが何かが違う、尻尾がない!そしてガラがある!

( は、ハムスターじゃん … … )

( あちゃ~ )とやっちゃった感でいっぱいになる
どこから来たのだろう? と思ったが、どこもクソもウチの奴以外にないだろうと思い直す

よく見るとハムスターマンション右側3階の個体に似ている気がして、急いでハムスターマンションを確認に行く
案の定、右側3階がもぬけの殻だ、プラケースを取り上げると天井の角に穴があいている、夜の間に食い破られたらしい


dassou02b.jpg




                       ーつづくー 

                     次回  12月中旬予定
プロフィール

sanchz

Author:sanchz
職業動物家

現在
「パンプキンファーム」オーナー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。